灰鷹のサイケデリカ【ゲーム紹介・ソフト一覧・おすすめプレイ順・攻略順】

乙女げーまーネタバレなしの説明

ゲーム紹介

タイトル(読み方) 灰鷹のサイケデリカ(はいたかのサイケデリカ)
発売元 アイディアファクトリー(オトメイト)
シナリオ 遠野チハル
キャラデザ 結賀さとる

鷹(ファルジ)と狼(ヴォルク)の一族が暮らす街での物語。

主人公は女性ですが、とある事情から男性として生活しています。

黒蝶のサイケデリカと同じく、物語を進めると設定がいろいろわかってくるタイプなので、あまり知識を入れずにプレイした方が楽しめます。

恋愛要素はかなり少なく、糖度も低め。甘い展開よりもストーリーを楽しむ作品です。

タイトル一覧

  • 灰鷹のサイケデリカ Vita

シリーズプレイ順

「灰鷹のサイケデリカ」タイトルとしては1作品のみ。

サイケデリカとしては「黒蝶のサイケデリカ」が先に発売されていますが、キャラクターや舞台は全く別で、続編ではありません。

灰鷹からでも問題なくプレイできますが、最終的に繋がる部分があるので、ストーリーをフルで楽しむなら黒蝶のサイケデリカからのプレイをおすすめします。

最後にいい感じに話が繋がりますが、黒蝶未プレイだと「???」ってなります。

Switchへの移植はありません。

本編(灰鷹のサイケデリカ)

機種 PlayStation®Vita
ジャンル 幻想連鎖アドベンチャー
CERO 「C」(15才以上対象)
発売日 2016年9月29日

本編です。

おすすめ攻略順

キャラクターごとのエンドの前に、共通ハッピー2つ、バッド1つを先に攻略するのがオススメです。

個別のエンドはラヴァンからの攻略がオススメ。レビ、ルーガス、塔の主はお好みの順番で良いかも。

攻略制限があるのはヒュー。真相エンドではないですが、内容的に最後かな。

少女エンドはシリーズ前作「黒蝶のサイケデリカ」と繋がるお話で、シリーズの集大成のようなエンド。最後に見るのを強くおすすめします!!

共通エンド→ラヴァン→レビ or ルーガス or 塔の主 →ヒュー→魔女エンド→少女エンド

キャラクター紹介

攻略対象キャラクター

  • ラヴァン(CV:日野聡)
  • レビ(CV:斉藤壮馬)
  • ルーガス(CV:古川慎)
  • ヒュー(CV:浪川大輔)
  • 塔の主(CV:平川大輔)※非恋愛

サブキャラクター

  • フランシスカ(CV:日大原さやか)
  • オルガ (CV:日森川智之)
  • ティ (CV:日山岡ゆり)

アニメ化・OVA化・舞台化・イベントなど

アニメ化・OVA化・舞台化情報はありません。

2017年のオトメイトパーティーに出演しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です