白と黒のアリス【ゲーム紹介・タイトル一覧&プレイ順・攻略順】

白と黒のアリス

乙女げーまーネタバレなしの説明

ゲーム紹介

タイトル(読み方) 白と黒のアリス(しろとくろのアリス)
発売元 アイディアファクトリー(オトメイト)
シナリオ もちもち太
キャラデザ 魚住ユキコ 上月はじめ
白と黒のアリスの評価
シナリオ
(3.0)
糖度
(3.0)
手軽さ
(4.0)
感動
(3.0)

タイトル一覧

  • 白と黒のアリス Vita
  • 白と黒のアリス -Twilight line-Vita

シリーズプレイ順

「白と黒のアリス」が本編、「白と黒のアリス -Twilight line-」は本編後のアフターストーリーとIFストーリーが収録されています。

はじめてプレイする方は、「白と黒のアリス」を購入しましょう。

Switchの移植版の発売予定はありません。

白と黒のアリス

機種 PlayStation®Vita
ジャンル 女性向け恋愛ADV
CERO 「C」(15才以上対象)
発売日 2017年6月8日

白の物語

白く霞む、曇り空――白の世界。
平穏な日々を送っていた高校2年生の主人公・「愛日梨(あいり)」は、
ある雨の日の放課後、一人の青年と出会う。

傘もささずに佇むその青年は、愛日梨に「迎えに来た」と告げ、
不審に思い逃げ出した彼女を捕まえてしまう。

ふと気づくと、愛日梨は見知らぬ風景の中にいた。
先程の青年は「黒うさぎのレイン」と名乗り、こう告げる。

「アリス、お前はこれからこの世界の女王になるんだ」、と――。

黒の物語

澄み渡る青空――黒の世界。
もうひとりの主人公・「ルナ」が女王として治めるこの国で、
突如クーデターが起きた。

状況を重く見た側近・黒うさぎのレインと白うさぎのスノウは、
「女王を白の世界へ避難させ、新たな女王候補を連れてくる」計画を実行する。

こうしてルナは白の世界へ連れ出され、
愛日梨は黒の世界へ連れてこられた。

交換された二人の少女、そして二つの世界に隠された秘密とは――。

おすすめ攻略順

攻略制限はありません。攻略キャラクター6人を好きな順番で選べます。

真相に近いのは「レイン」「スノウ」です。

話がシンプルなのはミネット、ジャック。複雑なのはネロ、カノンです。

私は白(ミネット→ネロ→レイン)→黒(ジャック→カノン→スノウ)の順番でプレイしましたが、レインで盛大なネタバレを喰らいました。

ミネット→ジャック→ネロ→カノン→スノウと、白黒交互に進めていく方がオススメです。

攻略のコツ・攻略サイト

物語の最初に「白の世界」「黒の世界」を選び、プロローグ後に攻略キャラクターを選択します。

共通ルート(プロローグ)は短めで、個別ルートがメインです。

愛キャッチが見えるので、ひたすら好感度を上げていけばグッドエンドにいけます。

最後の選択肢で「白の世界」「黒の世界」で白・黒のそれぞれのエンドに入ります。

  • 好感度高:白の世界→白グッドエンド
  • 好感度高:黒の世界→黒グッドエンド
  • 好感度低:白の世界→白バッドエンド
  • 好感度低:黒の世界→黒バッドエンド

ゲームオーバー以外でキャラクターごとに4つのエンドが用意されています。

途中、選択肢によりゲームオーバーのエンドもあります。

攻略サイト様

ファンディスク(白と黒のアリス-Twilight line-)

機種 PlayStation®Vita
ジャンル 女性向け恋愛AVG
CERO 「D」(17才以上対象)
発売日 2018年11月15日

Lover’s Day
前作の白エンディング・黒エンディング後のアフターストーリー。
苦難を乗り越え、恋人という関係になった二人。

悩んだり、ケンカをしたりしながら、それぞれの世界で穏やかな日々を送っていた。
そして、ある出来事をきっかけに二人の未来を思い描く――。

手を取り合い未来に向かって歩いていく
二人のとびきり甘く幸せな物語。

Another Line
双子の女王の即位により、混乱していた黒の世界は落ち着きを取り戻しつつあった。

慌ただしい日々を送る主人公たち。
そんなある日、地下室で一人の少年が倒れているのを発見する。
目を覚ました少年は、名前以外の記憶はなく……。

そんな中、黒の世界と白の世界を結ぶ鏡が突然割れてしまう。
そして、それと同時期にある大きな事件が発生する。

記憶がない謎の少年、割れてしまった鏡、
そして重なるように起こった事件。
これらは偶然起こったものなのだろうか。

――これは白と黒の世界にかかわる、もう一つの物語。

おすすめ攻略順

攻略のコツ・攻略サイト

攻略サイト様

キャラクター紹介・感想

主人公

愛日梨(あいり)※名前変更可

愛日梨(あいり)

白の世界(ミネット、ネロ、レイン攻略)の主人公。

逢山(あいやま)学院高校の2年生。家族や友人に囲まれ、穏やかな日々を送っている。

ルナ※名前変更可

ルナ

黒の世界(ジャック、カノン、スノウ攻略)の主人公。

黒の世界の現女王。責任感が強く、負けず嫌いで、女王である自分を誇りに思っている。

攻略対象キャラクター

レイン

レイン

CV:梅原裕一郎

無口でクールな女王の側近。職務第一で、あまり感情を表に出さず、愛日梨に対しても冷たい態度をとる。白うさぎ・スノウの双子の弟。

スノウ

スノウ

CV:増田俊樹

女王の側近で、黒うさぎ・レインの双子の兄。物腰が柔らかく温和な性格で、いつも穏やかに微笑んでいるが、職務のためなら時に強引に事を運ぶことも。

ミネット

ミネット

CV:木村良平

自称・魔法使いの青年。美形だが、いつもふらふらとしており、その言動は誰にも読めない。親衛隊長のジャックは幼なじみ。

ジャック

ジャック

CV:興津和幸

城の親衛隊の隊長。真面目で優しく、剣の扱いにも長けているが、ルナの前だと緊張して挙動不審になってしまう。チェシャ猫のミネットは幼なじみ。

ネロ

ネロ

CV:下野紘

攻略キャラで一番、物騒なワードがたくさん出てきます!!!!

城に出入りする商人の青年。楽しいことや面白いことが大好きで、細かいことや難しいことは苦手。帽子屋のカノンとは仲良しで、よく一緒にいる。

カノン

カノン

CV:花江夏樹

街で帽子屋を営む青年。顔立ちに似合わず性格は捻じ曲がっており、基本的に他人に無関心。手先が器用で、刺繍や裁縫が得意。

サブキャラクター

  • なずな CV:広瀬さや
  • 美羽 CV:近藤佳奈子
  • 洋平 CV:五十嵐巧巳
  • ラッテ CV:武内健
  • アサギ CV:千葉一伸
  • ミスティ CV:水橋かおり
  • ナイン CV:鈴木裕斗
  • ダム/ディー CV:宮田幸季

 

※「白と黒のアリス」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社・株式会社工画堂スタジオに帰属します。

アニメ化・OVA化・舞台化・イベントなど

アニメ化・OVA化・舞台化はありません。

2018年のオトメイトパーティーに出演しました。

よくある質問

なぜ主人公が二人いるの?

詳しくはネタバレになるので、どうしても気になる方は下をクリックしてご確認ください。ネタバレにならない程度に言うと、白の世界の女子高生・愛日梨、黒の世界の女王・ルナという、正反対の性格を持つふたりの女の子が主人公になっており、物語中でもう片方の主人公は登場人物として出てきます。主人公ごとに3人ずつ攻略対象キャラクターがいます。

愛日梨とルナはもともとは、黒の世界で双子の王女として生まれました。しかし「双子は災いを起こす」という噂から、双子の片方(愛日梨)は白の世界に送られました。

愛日梨は黒の世界の記憶を忘れ、白の世界で女子高生として暮らしていましたが、ルナが女王の力を【暴走】させたことから、ルナの代わりに黒の世界の女王として連れ戻されるのです。

 

吸血ものって本当?

全員のルートで吸血の表現があります。攻略対象側からの吸血・主人公側からの吸血、どちらかはルートによって異なります。吸血シーンのスチルは糖度高め、残酷な表現は少なめです。

 

評判が悪いけど大丈夫?

世界観やキャラクター、スチル、バッドエンドの作り込みは高評価を受けています。全体的な話の作り込みの甘さ、ご都合主義な展開、主人公の性格などで好き嫌いが分かれる部分が多く、やや評価は悪い作品です。

 

サブキャラ(ラッテやアサギやナイン)は攻略できないの?

現在出ている本編とFD(Twilight line)ではサブキャラクターは攻略できません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です