黒蝶のサイケデリカ【ゲーム紹介・ソフト一覧・おすすめプレイ順・攻略順】

ゲーム紹介

タイトル(読み方) 黒蝶のサイケデリカ(こくちょうのサイケデリカ)
発売元 アイディアファクトリー(オトメイト)
シナリオ 遠野チハル
キャラデザ 結賀さとる

とある洋館に閉じ込められた少年少女たちの物語です。

ミステリー要素が強く、ストーリーを進めるごとに謎が解け、真相が解っていくので、事前にあまり知識を入れない方が楽しめる作品です。

シナリオの作り込みが素晴らしく、世界観に深く入れる、素敵な作品です。

でも、死ネタ・悲しい展開が出てくる悲恋要素も強い作品なので好みは別れるかも。

全体的に糖度は低く、恋愛要素も少なめです。

攻略対象キャラクター

  • 緋影(CV:石川界人)
  • 山都(CV:細谷佳正)
  • 鴉翅(CV:柿原徹也)
  • 鉤翅(CV:鳥海浩輔)
  • 紋白(CV:松岡禎丞)

サブキャラクター

  • ウサギ(CV:長縄まりあ)

タイトル一覧

  • 黒蝶のサイケデリカ Vita

シリーズプレイ順

「黒蝶のサイケデリカ」としては1作品のみ発売されています。

シリーズ作品として「灰鷹のサイケデリカ」がありますが、主人公や登場キャラクターは別人で、別世界のお話になります。

しかし、灰鷹を最後まで攻略していくと「サイケデリカシリーズ」としての繋がりが出てきて、すごく良い展開が見られます。

お話をしっかり楽しむなら、黒蝶のサイケデリカ→灰鷹のサイケデリカの順番でプレイを推奨します。

黒蝶のサイケデリカ

機種 PlayStation®Vita
ジャンル 幻想怪奇アドベンチャー
CERO C(15才以上対象)
発売日 2015年1月29日

本編です。

主人公と攻略対象キャラクターたちとの出会いから、サイケデリカの真相がわかるまでが描かれています。

おすすめ攻略順

各キャラクターのグッドエンド・バッドエンド以外に「共通グッド・バッド」「現実世界エンド」「大団円エンド」が用意されています。

鉤翅ENDはちょっと特殊で、作品を理解するのに重要なお話なので、1番最初に攻略することをオススメします。

緋影は真相エンドのような役割なので一番最後です。

鉤翅→共通エンド→現実世界エンド→鴉翅 or 山都→紋白→大団円→緋影

グッド、バッドはそれぞれ攻略中に分岐して回収していきましょう。

アニメ化・OVA化・舞台化・イベントなど

アニメ化・OVA化情報はありません。

2015年、2018年のオトメイトパーティーに出演しています。

2016年8月に舞台化されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です